占いで気になること

占いっていろいろ種類がありますが、この占いをすべて当たるものと
考えると矛盾が出てきますよね。

例えば、星占いでは絶不調だったのが、九星占術では非常に良い日である
と書かれていたり、四柱推命を信じるならば今年は良くないんだけれども
動物占いでは絶好調だった・・・とか。

私は占いは信じるやつと信じないやつがあります。

統計でいくやつ(四柱推命とか姓名判断とかそうですね)は、参考程度に
見ます。

星占いは、ホロスコープまで作り、自分のホロスコープにどの星が入って
きてるのでこうだ!まで言われるやつはそこそこ信じたりしますが、
これも同じ日、同じ時間に生まれた人は何人もいると思うので、やっぱり
参考程度にとどめます。

それ以外にインスピレーションのようなもので見るやつ、例えばタロット
占いであるとか、ふりこを使うもの(ダウジングですね)、サイカード
みたいなものは、その時点での一番可能性が高そうな未来を出してきて
いると思うので、おおいに参考にします。

Sponsored Link
手相もそうですね。

手相は本当に変わりますので、おおいに参考にします。
生き方を変えようとすごい決意をしたりなんかすると、その日のうちに
手相ががらっと変わったりする事もあるそうですよ。

私が見た中では、生命線だけものすごく薄い人がいて、そういうケースが
初めてですごいびっくりしたんですが、本人は他の占い師に「早死にする」
と言われてとても落ち込んでいました。

私はその薄い生命線を、長生き出来ないとみるのではなく、今現在仕事に
やり甲斐がなかったりして、生きる気力が薄れている状態ではないかと
判断しました。

そのときのその人の状態は、ちょっと自分に自信が持てなくて、人の意見に
流されやすくなっているように感じました。

それが当たっていたかどうかはわかりませんが、半年後また会って手相を
見せてもらった時には、生命線が普通の太さになっていたんです。

おお、そういう事もあるんやな!と感動しました。

占いって人を救う事もありますが、恐怖に陥れる事もあります。
一人一人みな運命って違うもんだと思いますし、運命は作るものだと
思うので、大事な岐路に立った時には自分の直感を信じるのが一番なのでは
ないでしょうか。

Sponsored Link
powerstone5 at 23:58│clip!占い?的なこといろいろ